テレワークに便利 無料で使えるビデオ会議システム4選

新型コロナウイルスが流行した影響で、企業では在宅勤務やリモート会議といった、テレワークのニーズが急速に高まりました。

そのメリットに気が付いた企業の多くが、コロナ収束後もテレワークを継続すると予想されます。

すでに、テレワークで活用できるコミュニケーションツールが充実しています。

多くの人が集まる会議やセミナーも、ビデオ会議システムを使えば簡単に実現できます。

この記事では、テレワークに有効で、しかも無料で使えるビデオ会議システムのうち、代表的な4つをご紹介します。

無料で使えるビデオ会議システム4選

Zoom(ズーム)

出典:Zoom ホームページ

手軽に使えるビデオ会議システムとして、国内での認知度が一気に高まりました。

無料版では、ビデオ会議の参加人数は、最大100人です。

1回の会議時間は、最大40分に制限されています。

会議が長時間に及ぶとき、何度も再接続しなければならないため面倒です。

有料版にすると、会議時間の制限は無くなります。

過去には、利用中に不適切な動画や音声を流すサイバー攻撃が世界各地で発生し、セキュリティの脆弱さが話題になりました。

しかし、セキュリティ強化に対応したことで信頼を獲得し、利用者は増え続けています。

Webex(ウェベックス)

出典:Cisco Webexホームページ

Webexは世界的大企業であるシスコシステムズが提供しているため、Zoomよりもセキュリティ、信頼度、安全性が高いと言われています。

無料版では、Zoomと同じで最大100人まで参加できます。

1回の会議時間は、Zoomよりも10分多く、最大50分に制限されています。

機能面で少しZoomとの差異がありますが、通常利用する分には気になりません。

操作性も、Zoomとほぼ同じです。

Webexの開発メンバーにZoomの開発者がいたこともあり、仕様が似ているようです。

Microsoft Teams(マイクロソフトチームズ)

出典:Microsoft Teams ホームページ

 Skype for Businessの後継として、マイクロソフトが提供するビデオ会議システムです。

無料版では、最大100人まで参加でき、時間制限は60分です。

ビデオ会議以外にも様々なツールが利用でき、その名のとおりチーム作業に適しています。

また、同社の製品であるMicrosoft Officeと連携して、Word、Excel、Powerpointなどを使った共同編集ができます。

業務でMicrosoft製品を常用している、多くの企業が利用しています。

Google Meet(グーグルミート)

出典:Google Meet ホームページ

かつてのGoogleハングアウトが名称変更して、Google Meetになりました。

Microsoft Teamsと同じで、無料版は最大100人まで参加でき、時間制限は60分です。

Googleの豊富なツール群と連携して使用できるのが魅力です。

会議の参加者は Google アカウントが必要ですが、有料版ではアカウントがなくても参加できます。

どれを選ぶべきか

選ぶポイントは、次のような感じです。

  • 手軽に利用したいときは、Zoom
  • セキュリティや安全性が気になるときは、Webex
  • Microsoft製品の利用者が多いときは、Microsoft Teams
  • Googleの利用者が多いときは、Google Meet

最も重要なのは、相手が利用している、または利用しやすいシステムを選択することです。

ビジネスで使用するには、使いやすさ、利用可能条件、ユーザーサポート、セキュリティなども考慮して選ぶ必要があります。

重視するポイントによっては、有料システムの選択も視野に入れましょう。

この4つ以外にも、有料のものを含めて多くのビデオ会議システムがあります。

有料でも、無料の試用期間を設けているシステムもありますので、いろいろ試してみてください。